ナビゲーションをスキップ:本文へ

ワクチン・定期健診

HOME > 患者さん向け > ワクチン・定期健診

定期的なワクチンやお薬で予防できる病気があります。
ライオン動物病院で対応している予防・ワクチンのご案内です。

犬の予防・ワクチン

種類 分類   時期 予防できる病気
狂犬病ワクチン 注射 義務 4月~6月 狂犬病
伝染病5種混合ワクチン 任意 生後42日頃~
その後1ヵ月後毎に1~2回追加
成犬1回/年
1.犬ジステンバー
2.犬パルボウイルス感染症
3.犬アデノウイルスⅠ型(犬伝染性肝炎)
4.犬アデノウイルスⅡ型(犬伝染性咽頭気管炎)
5.犬パラインフルエンザ
6.犬コロナウイルス感染症
7.犬レプトストピラ病黄疸出血型
8.犬レプトストピラ病カニコーラ型
9.犬レプトストピラ病ヘブドマディス
※5種混合=1~5  
 6種混合=1~6  
 9種混合=1~9を予防
※ワクチンにも副作用があります。
どのワクチンを接種するかはご相談にのります。 
※子犬のお散歩は、2回目の接種後2週間後から
伝染病6種混合ワクチン
伝染病9種混合ワクチン
フィラリア予防 内服薬 蚊のシーズンに合わせて内服 犬フィラリア症
※年に一度、お薬処方前に
フィラリア症の検査が必要です。
ノミ・ダニ予防 外用薬 1~2ヵ月毎 ・ノミアレルギー性皮膚炎
・アカラス症
・貧血
・バベシア症
・条虫 など
※投薬の証明書発行できます

このページのトップへ

猫の予防・ワクチン

種類 分類   時期 費用
伝染病3種混合ワクチン 注射 任意 生後2か月頃~
その後1ヵ月後毎に1~2回追加
成猫1回/年
1.猫ウイルス性鼻気管炎
(猫ヘルペスウイルス感染症)
2.猫カリシウイルス感染症
3.猫汎白血球減少症(猫パルボ)
4.猫白血病ウイルス感染症
5.クラミジア
6.猫免疫不全ウイルス感染症
※ワクチンにも副作用があります。
どのワクチンを接種するかはご相談にのります。
伝染病6種混合ワクチン
ノミ・ダニ予防 外用薬 1~2ヵ月毎 ・ノミアレルギー性皮膚炎
・アカラス症
・貧血
・バベシア症
・条虫 など
※投薬の証明書発行できます

このページのトップへ

ワンワンドッグ、ニャンニャンドッグ(健康診断)

動物は体調の悪さを外に出さない本能があります。
そのため、飼い主さんが気が付いた時には、既に病状が悪化していた、ということもあり得ます。
いつも通りの時こそ、年1回の定期健診をお勧めします。
(高齢の場合は半年に一回)

金額 検査項目
7,000円 尿検査、糞便検査、血液検査、心電図、超音波検査、レントゲン検査
(※レントゲンの撮影枚数により、金額が追加となる場合もあります)
  • 定期健診はお電話でご予約いただきますとスムーズです。
  • 朝お預かりし、夕方のお迎えとなります。

ワクチン・定期健診のご予約 フリーダイヤル:0120-137706【受付時間】9:00~20:00

このページのトップ

ライオン動物病院

フリーダイヤル 0120-137706

愛知県岡崎市鴨田町字池内93-5

診療時間
午前 8:30 ~ 12:00
午後 15:00 ~ 21:00

※土日祝も診察しています。
※年中無休

休日・夜間緊急診療について

診察を希望される方へ

初めて診察をご希望のかたは、こちらのご案内をご覧下さい。
初診を受けられる方へ
診察を受けられる前に、必要な方は問診票をダウンロードして頂き、記入してお持ち下さい。
初診を受けられる方へ